金額のちがい

 ~安く、よい施工には 業者の選択が重要!!~

同じ種類のフロアコーティングなのに会社によって

見積り金額には差が出てくるものです。


金額の差は、

その会社が 日常的にどんな仕事を しているかに大きく関係します。


一言でフロアコーティング会社といっても それぞれ得意分野があります。

■ 現場で実際に施工をするのが得意な会社 

■ ネットや営業活動でフロアコーティングの販売が得意な会社

■ 本業が塗装業や清掃業の会社

■ 全体的な工事の管理が得意な会社


・・・
など、得意分野がちがうと

日常的に行っている仕事もまったくちがいます。


なので フロアコーティング を

どんな会社にたのむかによって  高くなったりします。

現場で実際にフロアコーティングを

施工する職人に直接発注するのが

一番効率が良いです。


職人は現場のことは精通していますが、

お客様への販売や宣伝はそんなに熱心ではなくて

いつもは得意先の販売会社や管理会社が

受注した物件の仕事をしていることが多いです。

お客様がフロアコーティングを発注する場合、

販売を得意としている会社に発注したとすると

そこの会社は現場で施工を

得意としている会社に仕事を頼む(外注)ので

高くなるデメリットがでてきます。

 また、「フロアコーティング専門会社」とあっても
 職人がいない場合があります。
 そういう会社は仕事を取ると、外注(下請け)を使って
 フロアコーティングをしています。
 そういう会社でも努力して安く、良心的にやっている所もあると思いますが
 やはり下請けやときにはそれがまた下請けにでて(孫請け)になるので
 ちょっとずつ単価が上がったり、
 品質の管理がむつかしくなることが多いです。

●まずは、業者えらび:トップ ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加