浮き

浮き = フローリングの端の部分 が 浮く

中古物件 に 限られます。

ワックス剥離作業 に よるものです。

DSCF9168

「浮き」  が 発生する可能性が高い場所

●よく歩いている部分

●生活の中で凹凸が大きくなっている部分

●古い物件

もちろん、このような失敗の無いように

ワックス剥離作業は行いますが、

「やってみないとわからない」 という性質は否めません。

?? どうでしょう ??

中古物件50件くらい 施工して 

その中で 1件 「浮いてしまった~」

・・・・そんな確率です。

とくに、築10年以上の案件は警戒します。

ココから~ は 修正対応 です。

浮いてしまった場合、1~2週間程様子をみると

浮きがある程度収まってきます。

その後、ボンド注入で修正します。

大阪のフロアコーティング業者

フローリング用の 瞬間接着剤 でためします・・・が!

大阪のフロアコーティング業者

これでくっつかなければ、 特殊な二液性のエポキシ接着剤 でやります。

大阪のフロアコーティング業者

「押さえ」 で 半日~

大阪のフロアコーティング業者

中古物件 などで古いフローリングには

キズ以外にも いろいろな ダメージを受けています。

もちろん、浮かないように施工はしていますが、

どうしても 状況により ごくごくたまに出現します。

●まずは、「トラブル・補修」トップ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加